1990年代生まれの漫画論。

大事なこと・好きなことを忘れないように。欲しいものを叫び続ける。

【マンガ論】SNSと漫画のキャラクターへの感情移入の関係性について。少年マンガ、特に恋愛マンガの危機。

SNSと漫画のキャラクターへの感情移入の関係性について。少年マンガの危機。

はじめに

ああ悲しいかな!!!

技術の発達によってわれわれはインターネットやSNSという便利なツールを手に入れたが、その一方で色々なものを失っている!! (ここでいうSNSとはTwitterやインスタといったメジャーなサイトに限らず、ネットに文章を書き込むあらゆる行為を指すことにする。)

 よくいわれるのはどこでも簡単に連絡が取れるようになったせいで、恋愛物語特有の「すれちがい」が演出できなくなってしまったということだ。もしも2人が本当に通じあいたいのだったら、今のご時世、Lineでメッセージを送ればいい!!!あの娘を探して夜の街にくりだすなんてロマンティックなことを我々はしなくなった!!(いやこれは元からしていない)。

 だが今回はそれとは別に、もう一つ違った弊害があることを語りたい!!!

  それは今回の記事のメインテーマでもあるが、SNSが身近になったことが原因で、まわりまわって読者が登場人物たちに感情移入することが少々困難になっているということだ!!

続きを読む

【感想・まとめ】I”s<アイズ> 桂 正和

I”s<アイズ>  桂 正和

Amazonに投稿したレビューをこちらでも記載します。

レビューに熱がはいり今のところ一番長いです。

SNS云々のくだりは、別の記事で新たに考えをまとめたいと思います。
続きを読む

【感想・まとめ】血と灰の女王

血と灰の女王

Amazonに投稿したレビューをこちらでも記載します。

この作品は本当に好きで、自分のレビューが第一巻のAmazonレビューの第一番でした。それだけに、すごく思い入れがあります。

1巻だけでなく、他の巻でも一番初めにレビューをかけるようにしています。
続きを読む

【感想・まとめ]きまぐれオレンジ★ロード

きまぐれオレンジ★ロード

Amazonに投稿したレビューをこちらでも記載します。

古い名作です。

絵は古くても女の子がみんなかわいい。
続きを読む

『100万の命の上に俺は立っている』 1巻のAmazonレビュー低いけど、面白い

はじめに

今日紹介する記事は『100万の命の上に俺は立っている』です。

私が秘かに注目している奈央晃徳先生の最新作であります。

 

さっそくですが、1巻のAmazonの評価が低いです、このマンガ

後で好きなところを述べていくのですが、今回は、先にマイナス要素を片付けておいた方がいいでしょう。

続きを読む

ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』を読んで その3 マンガの物語の精巧さ・速効性

マンガの物語のレベルについて

 

続きを読む

ジョーゼフ・キャンベル『神話の力』を読んで その2 【マンガと気分、非日常の問題】

マンガと気分、非日常の問題

続きを読む